×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アマゾン通販タウン

本とCD・DVDの通販ならアマゾンが簡単便利で安心。Amazon.co.jpアソシエイト

気になる商品をピックアップ|人気ショッピングサイトアマゾンの本をお買い物

アマゾンはおすすめ通販サイト

通販サイトはネット上にたくさんありますね。本やCDを扱うショップもいくつかありますが、おすすめはやはりアマゾン通販です。ここのお店は書籍、音楽ソフトなどで有名でしたが、今ではコスメ、ファッション、食品など色々なジャンルの商品を取り揃えるようになりました。これからのアマゾン通販どうなっていくのか楽しみでもあります。

アマゾン商品

アマゾン通販は、そのスタートが書籍販売中心だったが故に「ネット書店」として知られている。しかし、全米では最大のインターネットショッピングサイトでもある。日本でも「アマゾン通販」の名を知らないインターネットユーザーは少ないはずだ。本書は、2000年の日本サイト立ち上げのメンバーに加わった著者が、内側から見た同社の戦略や強みをまとめたものだ。また右も左も分からぬままゼロからビジネスモデルを確立していく“起業顛末記”としても興味深く読める。 日本のアマゾン通販は世界中のアマゾン通販サイトの中でも優等生だと言う。米国では事業規模を拡大できてもなかなか黒字を計上できない状態が続いたが、日本のサイトでは着実に利益を出しているのだ。その背景には、著者が関わったマーケティング部門が行った綿密な市場研究と、インターネットの特性を最大限に生かした顧客獲得戦略がある。著者はそれを「アマゾン通販独自の世界観」だと見る。インターネットという大海にバナー広告など無数の触手(入り口)を張り巡らすイソギンチャクのような存在となり、一度入ったら出口がないかのような仕組みを作り上げる過程を明かす。同サイトの最大の売りである「カスタマーレビュー」を定着させるまでの秘話も披露する。 アマゾン通販が日本に進出することは、まだ絶対的な極秘事項で、だれにも知られてはいけません あなたが今ご覧になっているように、現在ではすっかり日本にも定着した世界最大のネット書店アマゾン通販。もともとITビジネスの寵児としてアメリカで大成功を収め、我が国には2000年11月に上陸しました。本書は、その日本立ち上げにひょんなことから参加した著者による、書き下ろしの成功秘話です。 冒頭のセリフは著者を勧誘したCEO(当時)が語った言葉。顧客中心主義で有名な一方、徹底した秘密主義でも知られる同社は、オープン直前まで日本での存在を隠し続けました。その間、内部では何が行われていたのか? マーケティング・キャンペーンの立案から巨大サイトのシステム構築に至るまで、これまで封印されてきたアマゾン通販の秘密がついに明かされます。 さらには、企業を根底から支える創業者ジェフ・ベゾスの哲学、サイトの品質に徹底的にこだわる企業文化、社内で活躍する興味深い人々など、約二年間にわたってマーケティングやシステム関連のスタッフとして関わった著者ならではの記述が満載です。 この文章をお読みになっている皆さん、アマゾン通販のサイトは本書に書かれているような面白くて魅力的な人たちによって運営されているんです!

アマゾン通販潜入ルポ

アマゾン通販の物流倉庫に、ひとりのジャーナリストが潜入する。厳しいノルマとコンピュータによる徹底的な管理。そしてアマゾン通販社員を頂点とする「カースト制度」のなか、著者が目にした「あるもの」とは…。驚異的な成長の裏に隠された真実に迫る

アマゾン通販マーケットプレイス

アマゾン通販の会員向けサービスとして提供されている、マーケットプレイス(個人商店)とアソシエイト・プログラム(アフィリエイト)を利用して、楽しくかんたんにお金を稼ぐ方法についてていねいに解説! マーケットプレイス編では「ご家庭にある不要品を売る」方法、アソシエイト・プログラム編では「ブログを作ってアフィリエイトで儲ける」方法を解説した、一粒で二度おいしいアマゾン通販の攻略本です。 不要な本やCD/DVDをアマゾン通販でお手軽に販売!&ブログでお気に入りの商品を紹介してアマゾン通販から紹介料をもらおう。

アマゾンの本を購入アマゾンCDアマゾンで買ったものアマゾン紹介

アマゾン通販ドットコム

これは、アマゾン通販・コムの成立から1999年末までを追った本書が情報として古い、という意味ではない。それを言えば、すべての本は脱稿と同時に古くなっていくのだから。この懐かしさはむしろ、本書の価値である。優秀な青年が、高収入をなげうって信じたビジネスに賭ける。何もないところに優れた人材が集まり、お客様第一をモットーに懸命に働き、会社は急成長、青年は時代の寵児に。示されるのは、経営者ジェフ・ベゾスのまっとうな商人(あきんど)ぶりだ。「ドット・コム」ならバラ色の未来、という話ではない。事実、アマゾン通販以前にもオンライン書店は存在していた。ただベゾスは、ネットで本を売ることの意味を明確に意識していたのだ。取扱商品は本でなければならなかった(その理由が書かれた2章は示唆に富む)。そして一方、ネットでは得られない、レンガ・モルタル造りの書店で本を手に取る楽しみを、彼はわかっていたからこそ、ネットだけで顧客に提供できることをつきつめた。コンピュータに精通していながらコンピュータに淫せずに済んだ。余計なグラフィックを排し、使いやすさに徹した軽いサイト。きめ細かい対応、参加型書評による親密さの創出。在庫を持たないといういかにもe-ビジネス風な方針はすぐに転換し、物流体制に力を注ぐ。ボタンダウンにノーネクタイ、ちょいオタク、というベゾス像はいまや20世紀末型経営者のシンボルとなった。倹約のため自らドアでデスクを手作りした、といった「開拓期の愉快なエピソード」にも事欠かないが、本書の終盤はショッピング・リストになる。買収、買収、買収。そして訴訟。各章末には「まとめ」がついている。「夢を追いかけること」「意志決定は大胆に行うこと」…はい、ごもっともですね、としか言いようのない大変不思議なものだが、このようなまとめをつけたがる心性の上に株価というものはあるのか、と思ったりもするのだ。 インターネットビジネスの猛者として、または注目のビジネスモデル特許戦略を強力に推し進める企業の典型として世界中のマスコミを賑わせている企業がアマゾン通販・ドット・コムだ。同社の成功談は語り尽くされた感もある。しかし、創設者であり最高経営責任者であるジェフリー・ベゾス氏の人となりや企業としての成り立ちについて詳しく語られる機会は少ない。
アマゾン本 CD DVD
アマゾンの本雑誌
アマゾンCD
アマゾンのDVD
トップセラー